【高価買取中】アンプとは?買取相場や仕組みについて

アンプとは?

アンプとは音の信号を増幅させる特徴を持ち、スピーカーへと送る役割を果たす音響機器です。

音の信号は小さいこと多く、大きな音にするためにはアンプが欠かせません。

また、どの音を鳴らすかを決定する入力切替や音質・音量調整を行うのもアンプの重大な仕事です。

したがって、アンプは本格的な音楽を楽しむのが好きな人におすすめです。

アンプの歴史は1884年に白熱電球の実験中に発見されたエジソン効果にまでさかのぼり、その後真空管の技術が確立されることによって真空管アンプが実用化します。

そして、1948年頃に登場したトランジスタが主役となります。

このように、アンプの歴史は非常に長く、奥が深いと言えます。

主なメーカーは米国のMcInTosh(マッキントッシュ)、日本勢だとDENONやLUXMAN、ONKYOなどが挙げられます。

アンプの種類や仕組みについて

オーディオ機器の一つであるアンプの機能は、CDやDVDなどから出力される信号を増幅するものです。
プレイヤーから出力される電気信号はとても微弱であり、スピーカーで音を出すためには信号を増幅する必要があります。

アンプの種類は様々なものがありますが、役目という観点では、入力信号の音域ごとに音量が調節できたり、左右の音量出力を調節できるプリアンプ、入力信号の増幅のみを行うパワーアンプなどがあります。

近年ではプリアンプとパワーアンプはプリメインアンプとして同じ機器に乗せられることがほとんどです。

また、映像信号や様々な音声信号の入出力が可能であるAVアンプもあります。

アンプの買取相場について

アンプには様々な種類があり、その目的や役割によって大きく買取相場が異なります。

メーカーによる影響も大きく、高価買取ブランドには「DENON」や「marantz」といった人気メーカーが知られています。

「YAMAHA」や「SONY」のアンプも定番アンプとして比較的高額の買取となる可能性が高いです。

高く売るコツは、ホコリや汚れをキレイに落とし、同封されていた付属品や説明書、箱なども一緒に買取に出すことです。

また、アンプなどの、音楽機器に詳しい専門の人に査定してもらったほうが高額で買取してもらえます。

そして、査定に出す場合は、なんでも取り扱うリサイクルショップなどではなく専門の知識を有したオーディオ専門店にお願いするようにしましょう。

アンプの高価買取商品はこちら!

coming soon

アンプの高価買取はオーディオマニアにお任せください!

「アンプを高価買取して欲しい!」

そんな方は是非、オーディオマニアにご相談ください!!

選べる3つの買取方法から最適な対応をご提案させていただきます。

お見積もり、ご相談は無料!

出張費、送料等の買取の準備にかかるお金は弊社でご用意させていただきますのでご安心ください!

ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせフォームより、気軽にお問い合わせください。

関連リンク

「【高価買取中】アンプとは?買取相場や仕組みについて」に関する記事

関連メーカー

  • カテゴリーなし