MANGER(マンガー)のオーディオ買取はお任せください!

MANGER(マンガー)はどんなオーディオメーカー?

MANGERの由来は創立者で社長のW.Mangerの名前から来ています。

同社の本社所在地はドイツです。彼は30年近くトランスデューサーの研究に携わっており、1985年が会社の設立年となります。

1982年にはドイツで最も優れたエンジニアに与えられる、ディーゼルメダルも獲得しています。

同社のスピーカーは従来のスピーカーと異なり、一時的な圧力変化を再現しリアルなサウンドが実現されています。

その成り立ちとなるのが、同社のサウンドトランスデューサーとなります。

周期的なサウンドに関しては2種類の知覚があり、最初の知覚はピッチの間隔となります。2番目は音量の知覚で、正弦波かどうかでも異なります。

MANGER(マンガー)の主な取り扱いオーディオ機器

主な取り扱い機器は、ベンディング・ウェーブ方式トランスデューサーを採用したスピーカー製品です。

「MSW /Manger Sound Transducer」というMANGERの創設者である理論音響学のヨゼフ・マンガー博士が長年の研究のすえ開発したスピーカーユニットをメインに搭載している

極めて早い音の立ち上がりを実現することで歪みのないナチュラルな音がMANGER製スピーカーの大きな特徴です。

組み立てや研磨、塗装などすべての生産工程をドイツ国内でおこなっており、熟練のクラフトマンたちが一台一台手作りにて生産している点も、MANGER製品の特徴といえるでしょう。

MANGER(マンガー)の高価買取商品はこちら!

coming soon

MANGER(マンガー)の高価買取はオーディオマニアにお任せください!

「MANGER(マンガー)を高価買取して欲しい!」

そんな方は是非、オーディオマニアにご相談ください!!

選べる3つの買取方法から最適な対応をご提案させていただきます。

お見積もり、ご相談は無料!

出張費、送料等の買取の準備にかかる費用は弊社でご負担させていただきますのでご安心ください!

ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせフォームより、気軽にお問い合わせください。

関連リンク

関連メーカー

  • カテゴリーなし