My-Sonic-Lab(マイソニックラボ)のオーディオ買取はお任せください!

My-Sonic-Lab(マイソニックラボ)はどんなオーディオメーカー?

My-Sonic-Lab(マイソニックラボ)は東京都板橋区を本社所在地とした、レコードから音を拾うフォノカートリッジを製作する名門のメーカーです。

社長はカートリッジの製作において数々の実績を残してきた重鎮、松平吉男氏が務めています。

松平氏率いるMy-Sonic-Lab(マイソニックラボ)がカートリッジの製作において一貫しているのは、低インピーダンス化と高出力化を追究して音質を高めることです。

この姿勢を貫く起源となったのは、松平氏が1960年代に大先輩からこの信号原理をアドバイスをされたことにあります。

創業以来、My-Sonic-Lab(マイソニックラボ)はこの理念に由来するMCカートリッジを多数リリースしました。

中でも2008年リリースのUltra Eminent Bcは世界最高級の低インピーダンスを実現し、伝説となっているほどです。

同社の成り立ちの根幹にあるのは、松平氏の音に対する思いと一貫した技術の追求にあると言えます。

My-Sonic-Lab(マイソニックラボ)の主な取り扱いオーディオ機器

My-Sonic-Labの主な取り扱い機器はレコードプレイヤーのカートリッジです。

レコードプレイヤーのカートリッジはレコードの溝の情報を正確に読み取り電気信号に変換するための非常に重要な製品で、その品質は繊細であり特性によって音質が大きな影響を受けてしまうことからレコードの音を左右するものとなっているのですが、My-Sonic-Labでは理想的な音質を得るために様々な工夫を行っています。

中でも、低インピーダンス高出力という音質にとってはとても難しい技術を実現している点が特徴となっています。

ノイズを拾いにくい音が小さくなってしまうと言うデメリットがありますが、これを補い安定した音質で美しい音を再生しているのが特徴です。

My-Sonic-Lab(マイソニックラボ)の高価買取商品はこちら!

coming soon

My-Sonic-Lab(マイソニックラボ)の高価買取はオーディオマニアにお任せください!

「My-Sonic-Lab(マイソニックラボ)を高価買取して欲しい!」

そんな方は是非、オーディオマニアにご相談ください!!

選べる3つの買取方法から最適な対応をご提案させていただきます。

お見積もり、ご相談は無料!

出張費、送料等の買取の準備にかかる費用は弊社でご負担させていただきますのでご安心ください!

ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせフォームより、気軽にお問い合わせください。

関連リンク

関連メーカー

  • カテゴリーなし