TAOC(アイシン高丘)のオーディオ買取はお任せください!

TAOC(アイシン高丘)はどんなオーディオメーカー?

TAOC(アイシン高丘)は輸送用機器の製造会社を起源としており、1983年から音響機器の製造販売も手掛けるようになりました。

設立年は1960年で、当時の社名は高丘工業株式会社です。

音響機器メーカーとしての成り立ちは、自動車に搭載するスピーカーにこだわりを持つユーザーが増えたことがきかっけで、自動車搭載用のコンパクトでいながらハイスペックを備えたオーディオの設計・製造をしています。

TAOC(アイシン高丘)というブランド名の由来は「高丘」のイニシャルから付けられており、タオックの愛称で呼ばれています。

本社所在地は愛知県豊田市で、豊田生産工場も同じ敷地内です。2016年から現社長の石川敏行氏が就任してしました。

昨今は自動車だけでなく一般家庭向けのAV機器の製造も開始し、オーディオシェアを伸ばしています。

TAOC(アイシン高丘)の主な取り扱いオーディオ機器

アイシン高丘は鋳鉄製品のトップメーカーとして永年培ってきた技術を活かした製品の開発を行っています。

主な取り扱い機器は、ハイグレードオーディオ、ビジュアルアクセサリー、ハイ・レゾリューションスピーカーシステムなどです。

その特徴は、振動を制するものはオーディオの振動を制するとのコンセプトのもとにした高剛性、高制振性にあります。

例えば、オーディオラックですが、フレームはアルミダイキャストを用いることで美しいフォルムと軽量化を図るとともに、アルミ材の支柱に鋳鉄のスペーサーを配することで高制振性を実現等しています。

スピーカーシステムでもユニットの取り付け部や脚部にハイカーボン鋳鉄を採用することで振動板の動きによるユニットフレームの微小な変形を最小限に抑え、また、底板の響きを調整するとともに余分な振動の重なりを防止しています。

TAOC(アイシン高丘)の高価買取商品はこちら!

coming soon

TAOC(アイシン高丘)の高価買取はオーディオマニアにお任せください!

「TAOC(アイシン高丘)を高価買取して欲しい!」

そんな方は是非、オーディオマニアにご相談ください!!

選べる3つの買取方法から最適な対応をご提案させていただきます。

お見積もり、ご相談は無料!

出張費、送料等の買取の準備にかかる費用は弊社でご負担させていただきますのでご安心ください!

ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせフォームより、気軽にお問い合わせください。

関連リンク

関連メーカー

  • カテゴリーなし