【高価買取】レコードプレイヤーとは?種類、仕組みや買取相場について。

レコードプレーヤーとは?

レコードプレーヤーとは、レコードを再生する音響機器です。

アナログの音源にこだわる方やDJなど音にこだわるような人におすすめになります。

レコードプレーヤーの歴史は1857年にフランス人が蓄音機を発明しており、音楽を録音したものを再生する目的で作ったのは1877年のアメリカ人の発明家です。

特徴としてはアナログの音源を再生する音響機器だという事です。

現在も製造販売している主なブランドはDENONやTEACなど数社があります。

ジャズやクラシックの愛好家にこれらを使用している方が多いのが特徴です。

アナログ音源が見直されているので、いくつかのメーカーが現在もレコードプレーヤーを現在も製造および販売しています。

レコードプレーヤーの種類や仕組みについて

近年レコードプレーヤーが人気で、CDや携帯音楽プレーヤーにはない機械を操る魅力に注目が集まっています。

レコードプレーヤーの種類としては、いくつかの方法で分けることができ、ターンテーブルの駆動方法ではダイレクトドライブ式やベルトドライブ式があります。

駆動モーターの振動をターンテーブルに伝えにくいのはベルト方式です。

レコードの信号を拾うカートリッジを取り付けるトーンアームにも、スタティックやダイナミックバランスなどの分けがあります。

一般的には、天秤の原理で水平を保つスタティック式が主流です。

どれも一長一短がありますので、求める音質のレベルと予算とで選択をすると良いです。おすすめのメーカーとしては、デノンやヤマハやティアックがあります。

実際に販売店などで操作をしたり視聴することで、自分に合った製品が見つかります。

レコードプレイヤーの買取相場について

レコードプレイヤーの買取相場は、状態やブランドによって大きく価格の開きがある事が特徴です。

その中でも高価買取ブランドとされているのが「MICRO」のレコードプレイヤーで、高い商品では15万円以上の査定が付く事もあります。

すでに倒産しているメーカーですので、プレイヤーの希少性も非常に高い事から高値にも繋がっているようです。

そしてパナソニックのブランド「Technics」も、ターンテーブルタイプなどは高価買取が期待できるでしょう。

レコードプレイヤーを高く売るコツとしては、外箱や説明書などの付属品をできるだけ付ける事で査定がアップする事があります。

また修理が可能な部分は事前に直しておく事で、査定額のダウンをなるべく減らす事に繫がりますので、少しでも良い状態で査定に出す事が大事となっています。

レコードプレイヤーの高価買取商品はこちら!

coming soon

レコードプレイヤーの高価買取はオーディオマニアにお任せください!

「レコードプレイヤーを高価買取して欲しい!」

そんな方は是非、オーディオマニアにご相談ください!!

選べる3つの買取方法から最適な対応をご提案させていただきます。

お見積もり、ご相談は無料!

出張費、送料等の買取の準備にかかるお金は弊社でご用意させていただきますのでご安心ください!

ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせフォームより、気軽にお問い合わせください。

関連リンク

関連メーカー

  • カテゴリーなし