【高価買取】プレイヤーとは?買取相場と仕組みについて

プレイヤーとは?

プレイヤーと音源を再生する機器のことです。
主にCDプレイヤー、DVDプレイヤー、レコードプレイヤーのことなどをさします。
その他、カセットテープや、MD音源を再生する機器も含まれます。

オーディオで音楽を再生する際に必要で、音を読み取る役割として扱われています。
プレイヤーを介して音を読み取り、アンプを通して音質や音量を調節し、スピーカーを通して音楽を流します。

ipodや、ウォークマンなどは、プレイヤーとアンプが一緒になった機器で、スピーカーを通して音楽を聞く仕組みとなっています。

プレイヤーの種類や仕組みについて

レコードプレイヤーはレコード盤に刻まれている溝を針がトレースすることで音が発生する仕組みです。

針が溝を引っかいたときに動く小さな磁石とコイルが電圧を発生し、アンプで増幅してスピーカーから音が鳴ります。

従ってレコード盤を載せ、回転するターンテーブルの安定性は特に性能を決定付ける重要なファクターで、回転ムラやレコード針による抵抗によってスピードに影響があってはなりません。

そのためプレイヤーのターンテーブル駆動は、モーター軸とテーブルの軸が同軸のものが採用され、テーブルは速度ムラや抵抗に影響の少ない重量のあるものが選択されることが多かったのです。

これがダイレクトドライブ方式というプレイヤーの種類で、他には駆動モーターが離れて設置され、ベルトなどでテーブルを回すベルトドライブ方式などがあります。

1970年代には回転スピードを常に監視、一定の速度にするサーボ方式も開発されました。

プレイヤーの買取相場について

プレイヤーの買取相場はその状態やブランドによって大きく異なります。

「MICRO」という高価買取ブランドは高いもので15万円以上になります。

このメーカーはすでに倒産しているのでプレイヤーの希少性もとても高いので高い価格になるということです。

またパナソニックの「Technics」のターンテーブルタイプは効果で買い取ってもらえる可能性があります。

それ以外でもレコードプレイヤーを高く売るコツは、外箱や説明書等も大切に取っておくということが大切です。

使わないからといって壊れているのをそのまま売ろうとするより、修理ができるものは直しておいたほうが査定ダウンになりません。

少しでも良い状態にしておくことが高く売ることだと言えます。

プレイヤーの高価買取商品はこちら!

coming soon

プレイヤーの高価買取はオーディオマニアにお任せください!

「プレイヤーを高価買取して欲しい!」

そんな方は是非、オーディオマニアにご相談ください!!

選べる3つの買取方法から最適な対応をご提案させていただきます。

お見積もり、ご相談は無料!

出張費、送料等の買取の準備にかかるお金は弊社でご用意させていただきますのでご安心ください!

ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせフォームより、気軽にお問い合わせください。

関連リンク

「【高価買取】プレイヤーとは?買取相場と仕組みについて」に関する記事

関連メーカー

  • カテゴリーなし