TOP WING(トップウイング)のオーディオ買取はお任せください!

TOP WING(トップウイング)はどんなオーディオメーカー?

TOP WINGは東京都東村山市を本社所在地とする、有限会社トップウイングが保有するオーディオブランドです。

会社の起源となる設立年は1997年、社長は佐々木原幸一氏と公表されています。

トップウィングのスタッフは全員LPが表現する自然な音を好み、アナログサウンドを最新技術でいかに改善していくかという視点で商品開発を行っております。

近年ではフォノカートリッジの開発に注力し、2017年に「青龍」、翌年に軽量化モデルの「朱雀」をリリースしています。。

この2つの機種は数々のオーディオに関する賞を受賞しており、LPをクリアなサウンドへと導く技術が詰まっています。

また、同社はオーディオ機器の輸入業務にも取り組んでいます。

TOP WING(トップウイング)の主な取り扱いオーディオ機器

主な取り扱い機器は独自方式のレコード用カートリッジが有ります。

この製品はMC型の特性を備えながら針交換を可能とした自社開発のカートリッジです。

これ以外にもアナログターンテーブルを販売しています。

TOP WING(トップウイング)の高価買取商品はこちら!

coming soon

TOP WING(トップウイング)の高価買取はオーディオマニアにお任せください!

「TOP WING(トップウイング)を高価買取して欲しい!」

そんな方は是非、オーディオマニアにご相談ください!!

選べる3つの買取方法から最適な対応をご提案させていただきます。

お見積もり、ご相談は無料!

出張費、送料等の買取の準備にかかる費用は弊社でご負担させていただきますのでご安心ください!

ご不明な点がございましたら、下記お問い合わせフォームより、気軽にお問い合わせください。

関連リンク

関連メーカー

  • カテゴリーなし